設置後の管理ストレスを軽減【鳥よけ】ブルーベリー

0

    JUGEMテーマ:ブルーベリー

    ーーーーー

     

    家庭菜園でブルーベリーを栽培されている方の話を聞いていても、

     

    やはり共通して悩まされるのが「鳥獣被害」ではないでしょうか。

     

    せっかく育ててきて、いよいよというタイミングで食べられてしまっては悲しすぎますよね(T_T)

     

    鳥たちは人間よりよく知っていますね、完熟した頃にパクッといってしまいます。。。

     

    そうかと言って、まだ熟す前に採るのもおかしな話で。

     

     

     

    「鳥よけしたのに食べられてしまった」なんて話も聞きます。

     

     

     

    一工夫して鳥よけを設置するだけで、設置後のストレスが軽減できます。

     

     

     

     

    材料はホームセンターで市販されているもので大丈夫

     

    お好きな防鳥ネット(サイズもご自分が設置予定の場所に合わせて用意)

     

    オススメは、四方を囲むことですが、壁などが近い場合は壁ギリギリまでネットを張れれば問題ないです。

     

     

    重要ポイントとして、ネットを固定しない!!!

     

     

    どういうことかと言いますと、

     

    手間暇、費用を少なくしようとして、簡易なベタ掛け支柱等へのネットの固定をされる方もみえます。

     

    しかし、そうするとその後の管理時に、鳥だけでなく自分にとってもネットが邪魔になってしまう場面も。

     

     

    そこで、どうすれば良いか。可動式にしましょう!

     

    まず、ネットを張ろうとしている高さに丈夫な紐・ロープを張ります。

    (オススメは農業資材のマイカー線やエスター線ですが、代用可能です。)

     

    そのロープ部に、ネットを吊るしていきます。

     

    吊るす際に、これまた農業資材(ネットを売っているコーナーに置いてあるはずです)ネットに取り付けるフック!!

    これを取り付けます。

     

    そうすることで、先に取り付けたロープ部に引っ掛ける形でネットを張ることができるため、

     

    出入り等の管理作業の際も、ネットを簡単に動かすことができてストレスを軽減した管理作業が可能に。

     

     

    毎年ブルーベリー栽培を楽しまれている方は特に、

     

    ロープ部だけ残しておくと片付けや翌年の準備が圧倒的に楽です!

     

    引っ掛けてあるフックを外していけばネットを収納することができるので、

     

    ガッチリ固定してあった時と比べて作業負担も減ります。

     

     

    作業時のストレスが軽減できる上に、片付け・準備の作業負担も減り一石二鳥

     

     

     

     

    上はよく見かけるキラキラしたテープで十分です。

     

    テープの張り方によっては鳥が侵入してきたことがありますが、

     

    40~50cm角くらい(?)に縦横に張り巡らしたら被害が止まりました。

     

     

     

    次回の収穫時期に向けての参考になれば幸いです(^^)

     

    高ささえ気をつければ邪魔になりにくいので、時期が早くても先に準備しておくことも可能ですよ♪

     

    キラキラテープは劣化しますし、使い捨てで必要な時だけの使用をオススメします。

     

     

     

    *****

    PIENITORI(ピエニトリ)
    〒501-3113 岐阜県岐阜市北山1−1−11
    *お客様共同駐車場有り。

     

    Instagram(インスタ)@pienitori(https://www.instagram.com/pienitori/)


    PIENITORIウェブショップはコチラ↓
    小さな市場PIENITORI(http://pienitori.com)
    PIENITORI Yahoo!ショップ(http://store.shopping.yahoo.co.jp/pienitori-jam/)


    | 1/2PAGES | >>