100円ショップの【パイプカッター】使ってみたら

0

    JUGEMテーマ:DIY&工具

    ーーーーー

     

    IMG_7396.JPG

     

    DIYをする人が増えていますね。

     

    実際、自分で作るという面白さを覚えてしまうと色々と作りたくなるものです。

     

     

    DIYを始めるきっかけの一つにある「既製品を買うより安く済むから」

     

     

    もちろん安く済む場合もあります。

     

    しかし、資材だけでも高額になる物、

     

    道具があれこれと必要になる物、

     

    少ししか作らないが故に残った消耗品や材料。。。

     

     

    などなど、実際に取り組む前に必要な物などを全て書き出してみるのも必要かもしれません。

     

    何より「物作りが好き」という気持ちがないと買って終わり。

     

    結果的に時間もお金もかかった。なんてこともあるので要注意。

     

     

    IMG_7393.JPG

     

    今回、タイトルにも書いた「パイプカッター」

     

    DIY初心者には”パイプ”・”金属”というのはなかなかハードルが高い。

     

     

     

    「いやいや、DIYでパイプを使う?」

     

     

    と思われる人もいらっしゃるかと思いますが、

     

    使います!いや、使う人もいます(笑)

     

     

    DIYを始めたばかりの人や、たまに気が向いた時にDIYする人など、

     

    本格的に道具を揃えるまで至っていない人も多いのではないでしょうか。

     

     

    100円ショップでも工具が揃ってしまう時代(100円では買えない物もありますが)

     

    大型店にいくと品揃えにビックリします。

     

     

    100円ショップの工具。しかも金属を相手に使う物。

     

    いったいどれほどの力があるのか。。。

     

    IMG_7395.JPG

     

    実際に切ってみました!

     

    正直、予想を上回る実力

     

    刃を消耗するので何回・何本切れるかまでは分かりませんが、

     

    数本切っている分には全然切れ味が落ちるという感覚はありませんでした。

     

     

    IMG_7394.JPG

     

    手動でネジを回し刃を押し当てながらパイプの周りをクルクル回していきます。

     

    慣れると疲れることもなく数分で切れました。

     

    *徐々に刃を入れていくため、刃の当て方が悪く一回変な傷をつけてしまうと本来の箇所で切断するのは困難でしたが、最初さえミスしなければ後は楽々です。

     

    IMG_7396.JPG

     

    切断面も十分キレイ!

     

    何本も連続で切断するような仕事には不向きかもしれませんが、

     

    DIYで数本、たまに切るくらいであれば十分に働いてくれそうです。

     

     

    パイプ直径3〜28mmくらいまではいけたと思います。

     

    今までに工具の問題で諦めていた人や、ちょうどパイプ材を検討していた人がいましたら、

     

    チャレンジしてみる価値はあると思いますのでぜひ(^^)

     

     

     

    *****

    PIENITORI(ピエニトリ)
    〒501-3113 岐阜県岐阜市北山1−1−11
    *お客様共同駐車場有り。

     

    Instagram(インスタ)@pienitori(https://www.instagram.com/pienitori/)


    PIENITORIウェブショップはコチラ↓
    小さな市場PIENITORI(http://pienitori.com)
    PIENITORI Yahoo!ショップ(http://store.shopping.yahoo.co.jp/pienitori-jam/)

     

     

     

    ーPRー

     

    \人気の無添加トマトジャム ぜひご賞味くださいませ/

     

     

     

    急げ!新ドメインは早いもの勝ち!


    コメント
    コメントする